家の中でもできるダイエット方法

私が以前に痩せようと思った時、家の中でもできるダイエット方法として、腕立てや腹筋、スクワットなどをやりながら筋肉を増やすことで、からだの基礎代謝をアップしやすい状態にした後に、少し早く歩くウォーキングを30分以上やりました。

これを毎日続けることで、2ヶ月でマイナス5キロの減量に成功しましたが、毎日継続することは中々大変でした。

ダイエット時のおやつは絶対にNGです。

おやつで食べるものが、例えスナック菓子などではないとしても、食べる=太るという事実を心に刻んでください。

我慢のしすぎもいけませんが、一日三回の食事をきちんと食べて、あとは食べたい欲求を抑えられるようにしながら体重を減らしていきましょう。

減量を目指すには、筋肉を付けながら基礎代謝を上げる事が重要です。

中でも、痩せるためにはどのような筋トレが必須なのかご存知でしょうか?一般的に有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、やり過ぎはかえって筋肉が増えにくいとも言われています。

そのため、適度な有酸素運動の後に筋力トレーニングを行い、最後に、再び軽くウォーキングなどの有酸素運動をするのが効果が表れやすいようです。

体重を減らしたいと思う人は運動をしてダイエットを行うのは一般的ですが、その前にどれくらいの目安みたいなのを考えていますか?できれば毎日、朝なら朝に、夜なら夜などの決まった時間に運動をやったほうが痩せやすい体になることができてきます。

ダイエットを決定したその瞬間が、やる気が一番強い状態ですよね。

ダイエットを成功する為には、その痩せるぞという気構えをとにかく、長く保持させることが大切なんですよね。

ただし、最初から頑張りすぎるとすぐに気持ちが折れやすくなってしまうので、ゆるく開始しましょう。

ダイエットを成功させるには、ウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけません。

なぜなら、有酸素運動によって、体内に溜まった余分な脂肪が燃えていくので、体重を落とすことができます。

たまに高い負荷をかけて筋トレをやっている人もいますが、筋トレがハードだと途中で投げ出す場合も珍しくありません。

ダイエットをしているとき、ついカロリーの高いものを食べたい欲求が出てしまいますが、そこは我慢するようにしましょう。

食べると、ダイエットを挫折しかねないからです。

どうしても食べたい欲求を抑えられない場合は、カロリーが控えめのダイエットに適したケーキを作るほうがいいです。

若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているので、少しぐらい食べ過ぎてしまい体重に出てしまっても、時が経てば自然と元に戻ることが多いですよね。

しかし、年齢を重ねると基礎代謝が衰えてしまい、それと同時にエネルギーの消費量も低下するので、何もしなかったとしたら余計に太ってしまいます。

基礎代謝の数値をあげるためには、有酸素運動を行うことが効果的だと言われています。

一番簡単にできて効果があげやすいのが、ウォーキングだそうです。

といっても、何も考えずダラダラと歩いていては、基礎代謝を上げることは難しいです。

望ましい方法としては、下腹にぐっと力をいれながら、顎をひいて、そして前をしっかり見据えて、筋肉を使いつつ歩くことを意識しながら続けることで、ウォーキングの効果をあげることができます。

ダイエット期間中に私が無性に甘い物が欲しくなった場合、飲食する物は、若い頃から寒天です。

なぜなら、寒天はカロリーを気にすることなく色々な味付けにできるので、飽きることがありませんよね。

私は、クビレニスタのサイズ変更と効果の他に缶詰みかんが入った牛乳寒天と味付けなしのさいの目に切った寒天に、きなこをふんだんにまぶして黒蜜を少々かけたものが大好きです。